分譲マンションの購入とは

マンションを購入するということはそもそもどういうことでしょうか。それは、自分(と家族)の居場所を作ること。資産を作ること。多くの場合負債を負うこと。人生に責任を負うことでもあるのです。マンションを購入するということの事実を考えて見ました。

分譲マンションの購入とは一覧

そもそも賃貸と購入どちらが得か?
賃貸住宅に住むのと、分譲マンションを購入するのと経済的にどちらが得なのだろうか、個人的な考えを述べると…(続く)
負債を負うということ
マンションを購入するということは負債を負うということです。多額な負債なため、十分な返済計画がなされていないと、せっかくのマンションを手放さなければならないことにもなり、危険です。しかし健全な負債により、大きなマンションを手に入れるのも事実。負債を負うということの事実を認識しよう。
資産を作るということ
マンションは資産です。通勤の利便性や間取り、デザインの斬新さなどばかりではなく、将来有利な買い替えができるよう、住宅物件として値上がりの期待できるかどうかという観点も持っておきたいものです。
生活の場所を作ること
マンションを購入するということは生活の場所を作るということです。目新しさやスタイルの良し悪しばかりに注意を向けて、生活の場であるということがなおざりになってはいけません。自分と家族の置かれたライフステージを見極め、5年後、10年後の将来を見据えた上で、物件を選択したいものです。