ラーメン構造


[スポンサーリンク]






ラーメン構造(らーめんこうぞう)


ラーメン構造とは建物の躯体を建築する工法のひとつ。


ラーメンとはドイツ語で「枠」のことであるが、建物の基本構造が柱と梁、耐力壁、コンクリート床によって構成される。


間取り図を見ると居室部分の四隅が柱の分だけ出っ張るという特徴がある。柱がじゃまになり家具などが隅に置けないなどのデメリットがある。


但し、柱で建物を支える分、壁の部分に大きな開口部をとることができ、広い窓や扉を作ることができる。


また居室内にはコンクリート壁を作らなくてもすむため、リフォームがしやすいということもメリットにあげられる。


関連用語
「壁式構造」