フラット35


[スポンサーリンク]






フラット35(保障型) (ふらっとさんじゅうごほしょうがた)


平成19年4月より住宅金融公庫が住宅金融支援機構に変わり、民間金融機関と提携。最大35年の長期固定ローンを実現することからフラット35と呼ばれる。


金融機関が提供する住宅ローンに対して住宅金融支援機構が保険を引き受けることにより実現した「長期固定金利の住宅ローン」でメリットとして


  ・最長35年の長期固定金利
  ・融資額は最高8,000万円
  ・保証料0円
  ・独自の技術基準で、住宅の質確保


などがあげられる。


融資の条件としては、


 ・申込時の年齢が70歳未満(※親子リレー返済は除く)
 ・安定した収入がある
 ・日本国籍の方または永住許可などを受けている外国人
 ・全ての借入金の年間返済額の年収に占める割合が次の基準を満たす
    年収400万円未満 → 30% 
    年収400万円以上 → 35% 


などがあげられる。


その他


   ・対象となる共同住宅(マンションなど)は30平方メートル;以上であること
   ・融資額は100万円以上8,000万円以下
   ・融資期間は15年以上35年以内(60歳以上の場合は10年以上)
   ・完済時の年齢が80歳となるまでの年数であること


具体的な金融機関としてはSBIモーゲージなどがある。


業界最低水準金利 最長35年固定2.710%!SBIモーゲージの公庫提携フラット35