土地の歴史を知ろう


[スポンサーリンク]






不動産、住宅のトラブルの多くはその土地、地盤に起因するものが多いのです。


家に亀裂が入ったり、傾いたりという問題は軟弱地盤に原因があることが多いのものです。これは戸建だけの問題ではなく、マンションにも当てはまりますから注意しましょう。


そのためにもマンションの敷地がもともとどんな土地だったのかを知っておく必要があります。


注意しなければならないのは、元々は池だった、とか田んぼだったとかいう水気のある土地。また、傾斜地を造成し切り土盛り土で平坦部分を作り上げ、建物を建てた場合などです。


これらの軟弱な地盤の場合、マンションとはいえ、基礎部分はより堅固な工事が必要になります。


マンションの販売担当者に尋ねるのと同時に、古い地図で調べておきましょう。図書館などでも見ることができます。


軟弱地盤以外にも、工場の跡地などであった場合は土壌の汚染などの危険性も考えられます。マンションの販売担当者は安全性を言うでしょうが、その場合もその根拠とどういう対処をしたのか、問いただし、安全性を確認しておくことが必要です。またその記録は文書として残してもらうことをお奨めします。(文書にしてもらうといい加減な返答はできないからです)