マンションの敷地周辺を歩いてみよう


[スポンサーリンク]






マンション周辺の環境を知るために、周囲を歩いてみましょう。


車で通っただけではわからない情報が溢れているので、ぜひ歩いてみることをお奨めします。


歩くと、臭い、音、落ちているゴミ、勾配、歩道の歩きやすさ、道路の危険性、様々なものに気がつく。車では通れない路地のようなところに発見もあるので面白いのです。


町工場や飲食店などが近い場合は、日時によって臭いや音の有る無しの差が大きいので、土日だけではなく、平日も歩けたらベストです。日曜日は静かだったが、ウィークデイは町工場の板金加工の音がうるさかったとか、そういう可能性もあるからです。


また晴れの日だけでなく、雨の日も歩いてみましょう。雨だと周囲の道路が渋滞するとか、土地が低く、水溜りが多いだとかいうことにも気がつくかもしれません。


個人的な経験ですが、モデルルームで案内された駅からマンションまでのルート以外のところを歩いてみたことがあります。販売員の説明に何か釈然としないところがあり、歩いてみたのですが、そのマンションの裏手にはマンション建設反対のビラや看板が大きく貼り出され、建設反対運動が華々しく展開されていました。


それだけで、そのマンションを買わなかったというわけではありませんが、後々地域住民とうまくやれるのかな、という不安がよぎったものです。