資産を作るということ


[スポンサーリンク]






マンションを買うということは資産を作るということです。


賃貸で支払っていた家賃と、マンション購入のローンの支払を比較することはありますが、その実、中身は全くことなります。


賃貸の家賃は生活のために必要な経費で、大家さんの資産を形成するために支払われます。それに対してローンの支払は、自分の資産を形成するために積み立てられていくものです。


マンションの場合、5年後、10年後、或いは15年後…住み替えることも多くあるでしょう。


その際、資産ですから、目減りすることもあれば、大きく増えていることもあるでしょう。


もともとの金額が大きいため、その差も大きなものとなって跳ね返ってきます。


ローンを抱えると、賃貸に住んでいた頃よりも貯金できる金額は少なくなるかもしれません。しかし、上手にマンションを購入すると逆に大きな資産を獲得することができるのも事実です。


将来、有利な買い替えができるように、値上がりの期待できる、もしくは値下がり幅が小さくてすみそうなマンションを購入するという観点も大切です。