天井の高さもチェックしよう


[スポンサーリンク]






天井の高さもしっかりチェックしておきましょう。


マンションモデルルームを見るとき、当然広さに注意が行きます。70uは最低でも欲しい、など具体的な希望をもたれる方も多いことでしょう。


この広さと同時に天井までの高さ(=これを階高:かいだかといいます)がどれくらいあるのか見ておきましょう。


通常2.8mくらいの高さがありますが、この高さが高いほど、開放感が広がり、居住空間としての快適性も高くなります。


戸建でも吹き抜けスペースが空間を広げるように、マンションでも階高が高いほどゆったりとしたくつろぎ感はひろがり、贅沢なものとなります。天井の高さは当然ですが居住空間の大きさにつながっているのです。


欧米の建物なども一室一室についてはそんなに大きくないものもありますが、その高さのせいで開放感が感じられる場合も、多いのです。


高級マンションの中には3m〜3.3mという天井高の物件も見られるようです。天井が高いということは価格にも影響してきますが、快適性のほか、将来のリフォームの可能性も広がります。また収納力も変わってきます。(タンスの上にもう一つ天袋をおく余裕が生まれたりするからです)


マンションによってはタイプや、階によって階高が異なる場合もあります。希望の物件の天井の高さ「階高」を確認しましょう。