専有部分と共用部分


[スポンサーリンク]






マンションには専有部分共有部分があります。


専有部分とは居住室内のことで、詳しくいえば、コンクリートの構造躯体と窓やドアの開口部にかこまれた部分を言います。


専有部分は区分所有者の持ち物として造作を含め、自由に使えますが、スラブや柱、梁などは共有部分となります。そのためこれらの構造躯体には手を加えることは一切できません。隣接する2戸を購入して壁をぶち壊しドアを付け、二世帯住宅として使いたいなどと考えても許されることではないのです。


一方共用部分とはマンションの所有者全員利用する部分で、廊下や階段、エレベーター、バルコニーなどがそれに当たります。


バルコニーなどは専有部分かと誤解しがちですが、専用使用権のある共用部分となります。ルーフバルコニーやポーチも同じく共用部分で、部屋の所有者が居室空間の延長として使えるものですが、自分の所有するスペースではありません。


物干しやガーデニングなどに使うことは問題ありませんが、改造したり、色を塗りなおしたり、大きな物置でふさいだりなどはできないことになっています。


(大きな物置でバルコニーをふさぐことは緊急時の通路をふさぐことになるからです)


またガラス窓も外側は共用部分になります。うるさいからといって自分の部屋だけをペアガラスにするなどの工事もできないのです。