豪華すぎるモデルルーム


[スポンサーリンク]






豪華なモデルルームがあります。


グレードの高いマンションであることを強調し、モデルルームを訪れる人たちを豪華な気分に酔わせるような、高級感に溢れるモデルルーム。


この豪華な雰囲気が新しく自分のものになるのか、と思えば、高いお金も出すぞという気になろうというものです。


通常モデルルームは最寄り駅から歩ける距離に土地を借り、モデルルーム以外にも商談スペース、展示スペース、マンションと付近のミニチュアモデル、設備を説明するパネルなどなど、多くのものが設置されています。


そのことによってマンションの中身がわかるのですから、必要なものであるのは確かですが、これらの費用は全て分譲価格に按分されて上乗せされるのです。


私的な経験ですが、きれいなコンパニオンの女性が(ほとんど何をするでもなく)たくさん立ち、現地と周りの環境がわかるよう個別に一人一人契約タクシーで周囲を案内し、お土産までくれる、というモデルルームがありました。


豪華な気分に浸っても、それらは全て分譲価格に上乗せされ、自分で支払うことになるのです。(私は結局買わなかったので、私のタクシー代やおみやげ代は購入された方々が支払ったことになります)


また最近は有名俳優や外人タレント(俳優)をイメージモデルに起用し、CMを流し、高級感を演出する例もあります。


モデルルームは一部屋だけ作るにも、費用は数千万円はするでしょう。それらの金額を分譲戸数で割ると数十万円〜百万円単位で自己負担させられているということもあるのです。


それだけ割高な買い物というわけです。


5年後、十年後、もしも売却を考えたとき、あなたが購入した80uのマンションは他のマンションの80uのマンションと比較されることになります。


あきらかに建物のグレードが上だとか、管理が行き届いているなどの利点がない場合は単純にu数で比較されますから、豪華なモデルルームも有名俳優のモデル料も意味はないということです。


明らかに豪華すぎるモデルルームは自己負担も大きいのだということを知った上でモデルルームを見たいものです。