梁を見上げよう


[スポンサーリンク]






梁(はり)とは、建築物の構造材(骨組み)のひとつで、柱と柱の間をつなぐために水平に据えられる横木のこと。柱の上に桁と呼ばれる部材があり、この桁と直角に渡されます。


マンションの場合、横木とは言いませんが、この梁が天井部分に大きく横に走り、(下方向に)出っ張る場合があります。


モデルルームは限られたタイプの間取りしか作られませんが、この梁が忠実に再現されたものもありますので天井を見上げてみましょう。


物件や間取り、タイプによってはかなり太い大きな梁が横たわるものもあります。下に出っ張る形ですので、この梁があるために背の高いタンスが置けない、などという場合があり注意が必要です。


部屋の天井中央に大きな梁があるために、照明の配置が変則的だったり、ベッドの上に立とうものなら、頭が梁につくような物件も見たことがあります。


間取り図ではこの梁がどうなっているのか、わかりにくいものです。間取り図は上からみた図ですので、部分的にひくい天井部分などは点線などで表示されますが見落としやすいのです。


モデルルームでは梁が出っ張る構造になっていないか、出っ張っていない場合、他のタイプの部屋でもそうなのか、確認しておくことをお奨めします。


モデルルームでは天井を見上げ、梁を確認しましょう。