アンボンド工法


[スポンサーリンク]






アンボンド工法(あんぼんどこうほう)


上階と下階を仕切る床スラブの内部に、PC鋼材と呼ばれる線状の部材を通し、専用のジャッキを使って緊張させることにより床スラブの強度を増すことで、梁をなくす工法。


従来工法は、床スラブがたわんだり、振動しないように室内天井を横たわる梁が必要で、小梁が出ることがある。梁が出ている部分は天井の高さが低くなり、その分スペースは狭くなり、圧迫感を受けることとなる。


アンボンド工法は圧迫感が少なくフラットですっきりとした住空間を実現でき、将来のリフォームにも設計上の自由度が高いが、一方床全体の振動を防ぎ、遮音性を確保するためにスラブは厚くする必要がある。