上がり框


[スポンサーリンク]






上がり框(あがりかまち)


玄関の上がり口と履物を置く土間床との段差の高い方の床に取り付ける横木(=化粧材の框)のことを言う。


表面の木目(肌理、きめ、もくめ)が美しく強度のあるケヤキなどが用いられる。木材以外では石材、人造大理石、プラスチックなども使われている。一戸建てでは、20〜40cmの段差がついているが、マンションでは大きな段差はなく、靴の脱ぎ履きがしにくい。


そのため最近のマンションでは可動式の椅子を設置するなど工夫が見られるものもある。