アルコーブ


[スポンサーリンク]






アルコーブ(あるこーぶ)


マンションにおいて共用廊下から奥まった位置に玄関扉をおいた造りのこと。


建築用語で壁の一部が引っ込んだ場所のことをアルコーブという。玄関ポーチと間違えそうだが、本来ポーチは建物に突き出して屋根を付けた玄関部分のことを言うのに対して、通路から一歩下がって玄関を構える構造のことをアルコーブと呼ぶ。


マンションなどの通路でこのアルコーブ構造になっていないと、急に玄関ドアが開けられた場合、通路を歩く人にドアがぶつかってしまうことになる。また風通しのためなどに、ドアを開け放しておくなどの場合も通路を多少なりとふさぐ形になってしまい不都合だ。


また玄関が引っ込むことでプライバシー確保の向上にも役立つ。


更に広めのアルコーブはエアコンの室外機や子供用自転車、観葉植物を置いて楽しむスぺースなどにも充てられる。


経済効率優先のアパートなどにはこのアルコーブがないものが多く、マンション仕様の一つと言えるだろう。